木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

紅葉

11月下旬になると、関西では紅葉も見ごろは終わりでしょうか。

この週末が最後かもしれません。

春の桜・春の新緑・・・季節の贈り物は期間限定ですね。

これは全く個人的な感想ですが、

今年の紅葉は黄色の割合?が多く感じました。

もしかすると紅ばかりに気を取られ、あまり注目しなかっただけなのか?

なにせ今年は銀杏のクリームがかった柔らかい黄色をはじめ

燃えるような紅のモミジの後ろで光の塊のように黄色く輝く黄色に目が行き、

春の花に引けを取らぬ、色とりどりの紅葉を楽しめました。

f:id:treeside:20171101142012j:plain

さてさて、いよいよ紅葉も散り、本格的な寒さが来ますね・・・

植木の剪定をしている職人さんたちは年末まで最後の追い込みですねぇ~!体調に気をつけて頑張っていきましょう!!

 

庭の落ち葉を掃くという事

子供の国語の教科書?だったかと思うんですが、

学年が変わって廃品回収に出す時に紐で縛っていて、ふとパラパラめくって読んでいたら、つい夢中に読んじゃった…なんてことがあります。

その中で、詳しくは覚えていないんですが、「日本の美しい段々畑の景観」はどうやってできたか?みたいな事が書かれていました。

 つまりそれは美しい景観を造ろう!と思ってできた訳ではなく、その土地の人が生きるために不利な地形を開拓し、畦の草刈りをして、作物を作り、来る日も来る日も、何年も何年もそうやってきた「結果」としてそうなったのだ…と

 拡大解釈かもしれませんが、端的に言えば、日々の暮らしの中にある個々の人の慎ましい努力が、歴史となって今に至ると、かけがえのない貴重な景観という財産になっていた…という訳です。

 古い庭を訪れると似た事を思います。最初にそこにお庭を造ろうと思った人、作庭家、それを現代にまで守り受け継いだ人たち…一人一人の努力は意外と慎ましいものだったかもしれません。 特に苔が一面に広がる景色とか…来る日も来る日もここに積もる落ち葉の掃き掃除を続けた人がいるわけで、最初から苔を張り巡らして完成したのではないはずです(現代のお庭工事は最初から苔貼りますけど・・・)

 庭仕事は仕上げは掃除と決まっています。若い職人を連れて仕事をしているとそうした掃除仕上げに直接自分が手を入れない事も多くなってきます。でも時々、這いまわって庭木の根元に手を入れ落ち葉とか「ひこばえ」とかを丁寧にかき集めて、手ホウキとかで掃き掃除をしたりしていると、「無心に美しいものを追求する」初心が戻ってくるように思いました。

 

f:id:treeside:20171101144939j:plain

モミジの木漏れ日

紅葉が始まりましたねぇ

モミジの葉先から、少しづつ赤みがかってきました。

真っ赤なモミジもいいけれど、赤や黄色や緑が青空に色とりどりにちりばめられたようなそんな今の時期もまた、今だけの季節の贈り物・・・

天気のいい日に、内側から葉っぱを透けて差し込んでくる光を浴びるのが

とても気持ちがいいです。

f:id:treeside:20171101115330j:plain

台風21号

台風21号は久々に強烈な突風と強い雨でした。

大小にかかわらず被害に遭われた方々お見舞い申し上げます。

滋賀県でも近年稀な強風と強い雨で、大きな木があちこちで折れたり根こそぎ倒れたりしています。とても残念なのは高島のメタセコイア並木の被害です。

この写真は以前訪れた時に撮ったものですが、この素晴らしい景観が…残念です。

f:id:treeside:20170928163221j:plain

この他にもあまり知られていませんが八幡山の山頂でも石垣から生え出た樹木が石垣の石を抱きかかえたまま倒れて、石垣が倒壊する被害がありました。崩れた石垣の復旧や保護など色々な課題が残る台風後です・・・

www.ohmitetudo.co.jp

ただでさえ繁忙期の造園職人の皆さんが台風後の倒木処理で大変なことになっていると思います、皆さんどうぞお体に気を付けて・・・

2017 栗

今年も Tree Side Garden の栗の木が実りを落としてくれました。

去年は「少し数が少ない・・・」とぼやいていた↓

2016-10-23から1日間の記事一覧 - 木漏れ日日記

・・・のですが、今年の栗は豊作です。しかも!!

f:id:treeside:20171017231713j:plain

めちゃくちゃデカい!!! いや本当に大粒で、びっくりします。

比較対象にいいものがなかったのですが、とりあえずその辺にあった単3電池で比べて下さい。

 いやぁ~本当に何も世話してないんだけど・・・ 来年が心配になってきました。

オマケで先日行った奈良の若草山の空と雲・・・

f:id:treeside:20171017232105j:plain

追伸:祝日の奈良公園の鹿は鹿煎餅を全く食べない・・・そりゃ朝から晩まで煎餅突き出されたら胸やけするよね・・・

 

 

 

石にも根を張って・・・

植物の生命力にはいつも驚かされますが、今日は石の隙間に根を張った松の苗を発見しました。

f:id:treeside:20171005092754j:plain

ほんのわずかな岩の亀裂から青々とした松が生えています・・・いったいどうやって種が落ちたのか・・・これからこの松は自分の根力でこの岩を押し広げていくのでしょうか、岩のかすかな亀裂に根を張ってゆくのでしょうか・・・

 いずれにしてもその逞しさ・・・身に着けたい!

そんな岩場で珍しい出会いがありましたよ~

f:id:treeside:20171005103004j:plain

ミヤマクワガタ」です。生きているミヤマを見たのは20年ぶりくらいじゃないかなぁ・・・この顎の造形美にほれぼれします、そして意外と目がかわいい・・・。カラスの餌にならないように、そっと近くの木の幹に移してやりました。長生きして大きくなれよ~

最後は夏の終わりの花で・・・

f:id:treeside:20171005115247j:plain

 

古井戸と土蔵と松と・・・

f:id:treeside:20170926002728j:plain

今年の初めのドカ雪で下枝が折れてしまった松・・・痛々しい傷口ですが、すっかり元気を取り戻しました。反対の下枝にはしっかりと支柱を添えて・・・