木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

日帰りトレッキング

昨日は友人たちと日帰りのトレッキングに行ってきました。
今回のコースは渓流沿いを沢づたいに登っていくコースで、滝あり、飛び石越えあり、鎖を頼りに登るような岩場もあり・・・のアクティブなコースで、頂上の絶景やお花畑を楽しむというよりは、その行程そのものが楽しいコースでした。

途中、川を渡る時に足を滑らせた子が腰まで水にハマるハプニングもあり、この渓流のダイナミックな部分を満喫?できました。そしてこの春のトレッキングのもう一つの楽しみは森の樹木の足元にひっそりと咲く花を見つける事です!!

僕にとって、山や渓流を歩くのは庭のイメージを充電するような感じがします。その光景がそのまま庭になるわけではありませんが、そのダイナミズムや草木のたたずまい、水や石の流れが次の創作への糧となります。
最後に、僕の大好きな森のもう一つの姿

大木がその命を終え倒れて苔むした様は、まるで恐竜の化石のようです。おそらく空に向かって立ちあがっていた時は10数メートルはあったであろう2本の樹が、谷が雪解け水でえぐられたんでしょうか?根こそぎ倒れていました、傍らにはまだ解け切らぬ残雪があります。森の命のめぐるこんな部分もまた大好きです。