木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

リフレッシュ

休暇で信州に行きました。一日目は烏川緑地公園から烏川をジャブジャブ歩きました。八月でも南アルプスの雪解け水なのかキンキンに冷えており足がヒリヒリと痛いほどでした

途中「人面岩」に遭遇!↓ 分かります?

中央の少し右上に見える岩肌が虚ろな表情の人の顔のよう・・・

うちの子供は実は水が苦手(今さら…)で、まだ顔を水につけれない上にひざより深い所には絶対に行けない… のにこんなところに連れてくるのもどうかと思うのですが、彼なりに楽しみを見つけたようです??

周りの子供たちがキャッキャ言って深みに飛び込んで遊ぶ中、うちの子はひたすら川辺で石を積み上げてダム作り…親に似て全くのマイペースです。


夕方、温泉につかって疲れをほぐします。 あ〜いい湯だ・・・

二日目は、茶臼山動物園&恐竜公園へ出かけます。

最近「地図」を熱心に見るようになったうちの子供は、園内の地図を一生懸命読み込んでおります。後ろではゾウさんが鼻と足を見事にクネクネさせて砂を背中に掛けておりました。それほど大きな動物園ではありませんが、山裾の大きな木々も園内に取り込まれ自然が豊かな園だな〜という印象です。子供たちは元気に走り回っていますが、付いて行く親たちはバテバテですから木立の陰がたくさんあったのはありがたかった(ほっ)動物たちものんびりとしておりどこか表情がやわらかな気がします。

動物園の隣にはお待たせ(誰が?)恐竜公園!山の公園内に突如巨大恐竜が出現し子供は大興奮


しばらくは自分も恐竜と化しておりました。

夜は信州新町を流れる犀川の花火大会です。

絶好の花火見物スポットをとっていただけたので、迫力満点の花火を堪能できました。町の人たちのこの花火に掛ける意気込みが伝わってくる壮麗な花火でした。 あ〜夏・・・ですね〜。 子供の頃なりたい職業は花火師かパン職人でした。お腹にズズンッと響くあの音、夜空をいっぱいに彩る光、オオっ・・・とため息が漏れます。

こうして夏のうちの休暇は終わりを告げました。