木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

梅雨入り

いよいよ梅雨入りしましたね〜
外仕事の皆さんには予定の立たない煩わしい時期ですが、草木にとってはこれから来る暑い暑い夏を乗り切るために水分をたっぷり蓄える時期でもあります。 我々は喉が渇けば水を飲みに行けますが、樹木は水辺に出かけていけません、天が雨を降らす時にたっぷり蓄え、後は耐える…耐えれないものは容赦なく枯れる…自然は人の心を和ませるだけでなく、生き抜く力強さや厳しさもまた教えてくれます。


今お庭をさせて頂いているお家の初夏の花が咲いています。
まずは今や夏のお庭の定番ともなりつつある「ブラシの木」
ガソリンスタンドの洗車機に入った時に回りだす巨大なブラシを見ていると、この木を思い出します。
オーストラリア原産と聞いて「あっなるほど!」っていう色味ですよね。
暑さがぴったりトロピカルな花です。

一方、初夏の日本の山野に涼しげな花はこちら「ウツギ
別名「卯の花」です。

去年も8月にこんな質問をこのブログで問いかけました

暑さを乗り切る2つのタイプ

①「ヒマワリ」や「ブラシの木」のようにはじける元気で暑さを跳ね返すトロピカルタイプ

②「ウツギ」のように清楚なさわやかさで暑さを感じさせない涼しげタイプ

あなたはどっち?