木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

しばらくぶりです。

お久しぶりです…(誰に?)
夏は剪定がワサワサ湧いてくる感じです。木もモサモサに茂っていますし…
おかげさまで毎年梅雨明けは走り回っています。なかなかおもしろい写真はたまるのですが、家路につくともうPCに向かう元気がありません。
とりあえず先日の松の剪定ビフォア→アフターを…

こんな感じですっきりいたします。
剪定でお邪魔するお客さんは、たいてい毎年同じ時期に伺う事が多く休憩のお茶の時は「去年はこうだった、ああだった」というような話になります。こうしてみると一年はあっという間です、長くごひいきにして頂いている方だと10年ぐらいのお付き合いになりました、細かった木も10年経てばそれなりに太り、弱っていた松が立派になり。こうしたゆっくりとした変化を小さな歴史を小さな毎日の積み重ねが生み出すのを今見ることができるのは、とても恵まれた事で、本当に感謝・感謝です。
これからも皆様お付き合いのほどよろしくお願いします。