木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

無題 ごちゃまぜ・・・

久しぶりの夕立に遭いました。「雷雨」を予報していた気象予報士泣かせの晴天が続いていましたので、お天気お姉さんも相当背筋が寒かったと思いますが、僕らもやっぱり涼しいです! 枝葉についた水滴もキラキラ光って草木の歓声が聞こえてきそうです。

今日はこんなネタから…

花びら一枚一枚を精巧に作った芍薬の飾り…繊細でとてもよくできています。そこまではまぁ珍しくもないかもしれませんが、実はこれすべてお菓子でできています!!
 有名な和菓子の老舗の職人さんによる創作です。すごい!!

次は色の美しさなら引けを取らないこちら、

この夏、植木屋さんなら一度は「痛っ!!」っとお世話になったかも…
「イラガの幼虫」です、この全身にびっしりと張り巡らされた棘で
素手はもちろんのこと作業着や手袋の上からでも刺されます。
とっても痛いです。ちょっと過剰防衛のような気がするんだけど…
でもこの虫の背中の黄緑と茶色のラインってすごくオシャレだと思いません? 棘の大きさや配置のデザインも。
「完璧なものは美しい」とどこかの誰かが言ってましたっけ?言ってない?


美しいもの痛いもの…と何の脈絡もないですが、
次はさらに前後関係全く関係ありません…

実家のネコ とんがりお耳の「チョビ」君
全く躾がなされておらず、たまに訪問するといつも机の上でひっくり返ってバンザイして寝ています。そのあまりの「自由奔放」ぶりにあきれてしまい妙な羨ましい気持ちさえ湧いてきます。何だか憎めない…

最後は和みで締めました。