木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

足早に過ぎるいい季節

この時期は一日一日が過ぎるのが本当に惜しいくらいいい気候です、空も雲も風も夕日も全てが爽やかで・・・どこを見てもぼんやりしたいのに、植木屋は一年で一番忙しい時期という悲しい宿命・・・
でもその合間をぬって久々のトレッキングです。今回は「白山」です

どこからかハイジがブランコで飛んできそうじゃないですか!



絶好の晴天で山の紅葉や下草・花や実という秋ならではの山を満喫できました。
どの景色も、どの瞬間も素晴らしく、切り取って額に入れたい・・そんな感じです。
僕は中盤以降膝が笑ってガクガクで、すっかりストックのお世話になりましたが、息子はいつものようにピョンピョン飛び跳ねて、最後は走って下山… 
子供ってすごいなぁ〜と山に来るたび本当に感心します。そして下山後の温泉で疲れた体を解きほぐします。山と温泉・・・なんて最高な組み合わせ!! 露天風呂で湯煙の中恐竜気取りで吠えていた息子も帰りの車は完全電池切れでした…。 

そして九州から植木職人の友人が訪ねてきてくれたので少し滋賀の庭を案内…


大津坂本の穴太衆石積です、江戸時代の築城ブームではその8割ほどにこの穴太衆が関係しているとか・・・堅牢な石積の町なみです。



こちらは竹林館 比叡山のお坊さんの引退後の住まい?だったでしょうか・・・
こちらもすばらしいコケと山を背景に取り込んだ素晴らしいお庭です。

翌日は八幡周辺の散策です。

ハスは花の開花期が長くこんな夏の終わりでもまだ楽しめます。

築150年の古民家を改造したギャラリーの坪庭の手水鉢に鉄の作家さんが作ったカニがいましたよ… 
↓こちらも職人の作品 クラブハリエ日牟礼店のカフェラテ

世界最高峰の腕前です。おいし〜食の秋も満開です。

もうすぐこの辺も紅葉がはじまりますね