木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

京都の紅葉

今週のお題「紅葉」
剪定シーズン真っ盛りで忙しい日々ですが、毎年秋に一か所は紅葉を見に行くように心がけています。これも時期のもの、いつでも見れるものではありません、今年は会社の職人たちも一緒に「紅葉研修会」に参加してもらいました。庭師たる者、その仕事の源泉たる感性を磨かねばなりません…

↑京都東山区東福寺通天橋よりの紅葉、まだ一部青味の残るモミジ



↑足元の青々とした杉苔も紅葉を引き立てます
苔の保護のため入ることはできませんが、フカフカで上に乗ったらかなり沈み込みそうなくらい茂っています。↓

紅葉の赤や黄色・苔の緑…それをさらに引き立てるのは整然と整えられた砂利かもしれません。こちらは高台寺の市松模様の砂利敷↓


↑同じく京都東山区高台寺円徳院の唐門 苔にツワブキが映えます

秋をいっぱいに吸い込んできました。

私たちもこうした苔庭の維持を行っていますが、雑草除去や夏場の水切れの枯死など、それはそれは難しく大変な作業です。…こうした美しさはもちろん自然の生み出したものですが、それを引き立てるために日々維持管理している庭師さんたちにも敬服します。
さあ明日もがんばろう!