木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

燻製名人

今年お庭でお世話になったお客さんにご挨拶回りしております。
今年も一年皆さん大変お世話になりました。

お客さんたちの中には大変な“こだわり”や趣味が高じてプロの域に?という方々も大勢おいでで、行く先々で未知の世界に遭遇し驚きや新鮮な発見の数々です。ごあいさつに伺う時は、こうした皆さんの“こだわり”の今!に会うのも楽しみの一つ…

菊名人・鈴虫名人?野菜作りの匠・切り絵・ガラスやタイル工芸・切手やお札の収集・水彩絵画…人の数だけこだわりがあります。

今日はそんな中から燻製名人&ラン研究家をご紹介

今年お庭をさせて頂いたご主人ですが、趣味の域を超えたこだわりぶりです。まずは施工させていただいた

“屋外ダイニング東屋での燻製作り”
簡単ホームページ作成サービス(無料) - Yahoo!ジオシティーズ

今日はベーコンを作っておられました。
まずは1週間塩漬けに寝かせていたお肉を天日干し↓

この後お肉を乾燥させいよいよ燻です↓

このご主人自作のドラム缶燻製窯に火入れです。

落ち葉の掃除や庭仕事をしているとほのかな煙が煙突から…

待つこと5~6時間でベーコンが出来上がります。
鮭が一本丸ごと燻せるというこの窯!!素晴らしい!!

ご主人の別の顔は“ラン研究家”
退職後農業試験場にまで足をのばし、研究室までおじゃましてその品種改良や栽培を学ばれたそうで、ご自宅にもその栽培のための温室や無菌室(種子培養のため)があります。その中の一部を拝見しました。↓

今は一年を通じてどの時期にも入れ替わり色々なランを楽しめるそうです。写真左側のランは「チョコレート」の香りがするというランでした。本当に「チョコ」でした。確かめました。
中央のビンは無菌状態で栽培中のランの苗だそうです。

暖炉の火のチラチラ揺れるリビングで、こんな“こだわり”を垣間見て楽しいひと時を過ごしました。

またいずれ別の名人達をご紹介したいと思います。