木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

ミニ花束

今日は芝の管理を依頼された工場で現地打ち合わせをさせていただきました。
「芝に雑草が沢山生えて管理が大変で…」ということでしたが、確かに雑草で、除草剤や草刈機でダア〜ッと刈ってしまうのですが、よくよくみるとずいぶんかわいい雑草です。思わず指に収まるミニ花束を作ってしまいました。

梅雨がどこかに行ったような行ってないような…戸惑い気味な天気が続きます。どんよりした空も水を得て生き生きとした草花を見ていると照りつけるような太陽よりもいいかもしれないと思ったりしますね。

↑フランスの王の名を頂いているチャイナローズ:ルイフィリップ
紅い花の縁取りに少しの白が入っているのがとっても愛らしいです。


↑お客さんのお庭で、人気の青いバラの代表格だそうです。
シャルルドゴール こちらもフランスの大統領の名を頂いているのでしょうか。日本のバラに首相の名前がついたらなんか売れないというか、買えないというか…


↑一雨ごとにすくすくと花がのびてきて、ポッキリ折れてしまわないかと心配になるくらい背伸びをしています。


最後にお客さんのお宅に据えた水鉢に流木を使った鳥のエサ台?止まり木をアレンジ、家の方いわく、「まだスズメもこね〜なぁ」 いかつすぎたかなぁ〜