木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

ロウバイ


「蝋梅」がひっそりと咲いていました。「梅」と名がつくと春のイメージですが、まだまだ冬が始まったばかり、このネーミングは花の形が似ているというだけの事で梅とは親戚でも何でもないのだとか…
英名では"Winter sweet"と呼ばれ、学名でも"Chimonanthus"…ギリシャ語の"cheimon"「冬」と"anthos"「花」に由来するとか、確かに「冬の花」です。
家の中に一枝折って一輪挿しに挿したら、部屋に甘くて芳しい香りが漂いました。花も蝋細工のように薄く透けた黄色い花びらがとても美しいです。


比良の山々も冠雪で湖面や空の青さとのコントラストがきれいです。