木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

青竹

 年末の慌ただしさがひと段落・・・でしょうか?

本当は年末にやりたいんですが・・・この時期「竹」の造作のやり直しや付け替えを行っています。

↓6年前の記事

treeside.hatenablog.com

今年も井戸蓋や四ツ目垣の取り換えを行ってます。

この新しい青竹のつやつやした色は竹の素材感とも相まって本当に清々しく気持ちが良いものです。

今は腐らない素材や手入れのいらない素材が人気ですが、こういった自然に朽ちる素材もまた趣があります。そして少しの手間はかかりますが素材はどこででも手に入る安価なもの・・・こういった身近にある材料の良さも見直せたらいいですね・・・。

f:id:treeside:20180116223849j:plain

f:id:treeside:20180116223906j:plain

 個人的には四ツ目垣を作ると庭師としての初心に帰ります。この仕事を学び出した時に造園技能士の実技試験の練習をしましたが、その課題がこの四ツ目垣でした。その時「竹」という素材の美しさや機能性、それを組む時に節の硬さや曲がりを活かしも殺しもできること、縄を使ったロープワーク・・・等々この昔ながらの庭の竹垣に込められた奥深い魅力を感じました。皆さん今一度「竹」をお庭に使いませんか・・・!