木漏れ日日記

木漏れ日の下で、季節の風を感じながら木や花にかかわるあれやこれのつぶやき・・・

アジサイ

次はアジサイ特集… と前のブログに書いたので…

良く話題なる、七色に変化するというそのバリエーションの豊富さ、そして梅雨時期という、ともすると陰鬱になりそうなこの時期にしっとりしつつもお庭を明るくしてくれる…そのあたりがアジサイの魅力ですね。

f:id:treeside:20180625172610j:plain

色とりどり、形も様々な種類を植えておられるお客さんの家で写真を撮らせて頂きました。いつも同じ場所で色が変化する事、また同じ株で色が変化してゆく事が不思議です。

白系:

f:id:treeside:20180531091553j:plain

ピンク系:

f:id:treeside:20180625172230j:plain

f:id:treeside:20180531091607j:plain

青・紫系

f:id:treeside:20180625172207j:plain

f:id:treeside:20170607130256j:plain

f:id:treeside:20180705004054j:plain

 ネットでこのアジサイの花色の変化について調べてみたら、同じ場所でも色が違う理由として、色は①アジサイに備わっている色素「アントシアニン」や②遺伝的にその株が持っている色の系統(補助色素)に③土壌の「アルミニウム」という金属成分が加わる事でピンク→青に変わるのですが、同じ株でも根っこによってその吸収の度合いが違うからではないか?というような説明でした。

  目に見えない土の中の根っこの部分が何を吸収するか…で枝先の花の色が変わるんですね。人の目に見える行動や態度、行う事も、見えない所でその人が選んでいるものや取り入れているものの結果として調合されたその人のテイストと言えるのか…なんてゆう連想が浮かびました(笑)

 ちなみに「アナベル」などの種類の花(花弁)が白→緑や紅に変化するのは色素の分解によるもので一種の老化(汗)だという説明も・・・

f:id:treeside:20180611085550j:plain

 あれ…でも緑から白もあるような…まあ、あんな奇麗に老化するならどっちでも「いいね~!!」(笑)

ではでは・・・アジサイのような美しい「老化」を目指して…